ユニークコレクション2014: 市松

  • ユニークコレクション2014: 市松

製品名

蒔絵ユニークコレクション

No 6: 市松

加賀研出蒔絵「市松」は格子文様の一種で、二色の正方形(または長方形)を交互に配したチェック柄の文様。日本伝統文様の中でもシンプルな文様を金、プラチナ、貝を使い豪華絢爛に表現しました。

研出蒔絵

研出蒔絵とは、漆を塗っては研ぎ出す作業を何層も繰り返し行って作品を仕上げる技法です。はじめに下絵をトレーシングペーパーで描いてから、万年筆の表面に色漆を重ねていきます。漆を何層にも塗りながら金粉や銀粉を蒔いて磨いて仕上げます。

オークションの詳細

漆芸家:Yoshiaki Nitta
ベースモデル:Souverän M 1000
ペン先:18 carat gold, size M, bi-color
技法:Togidashi-Maki-e
最低入札価格:2.600 €
オークション開始:Nov. 10, 2014 - 2PM CEST
オークション終了:Nov. 17, 2014 - 2PM CEST

どのように行われるのですか?

2012年につづき、ペリカンでは世界中のペンコレクターの為に1点ものの蒔絵万年筆オークションを開催させていただきます。ユニークコレクション2014では、17作品の蒔絵万年筆が出品されます。このオークションは11月から12月上旬にかけて毎平日に行われます。各オークションは一週間後に終了します。

良くご覧になってください。

この作品を拡大してご覧になるには下の写真をクリックしてください。