M101N Jubilee Pen

  • M101N Jubilee Pen

製品名

限定品 – M101N Jubilee Pen

ペリカン社創業175周年を記念してM101Nジュビリーペンが発売されます。

1937年に製造された101Nリザードを忠実に再現したM101Nをベースに、数世紀に渡って蓄積されたノウハウをもとに丁寧に製造されたジュビリーペンは、他のペリカン高級筆記具同様100%ドイツで製造されています。当時の伝統的なデザインと現在の技術が融合したこの万年筆は完璧な書き心地を実現しています。

製品名

1929年に最初のピストン吸入式万年筆が発売された時の製品名は単に「ペリカン万年筆」でした。

製品数が増えるに従ってモデル番号は不可欠になりました。1930年当時、色物の胴軸を備えた全てのモデルは100番と呼ばれました。1935年になると海外市場用に101番が製造されました。101番は胴軸に模様や色が施されただけでなく専用のキャップを備えていました。

その2年後には、新しいという意味のNがモデル番号の後ろに付けられたサイズが大きいモデルが発売されました。後年ピストンメカニズムを採用したモデルを差別化する為にメカニズムを意味するMがモデル番号の前に付けられるようになりました。

ペン先

18金のペン先はハノーバー近郊の工場において手作りで生産されています。完璧なペン先は19の異なる製造工程を経て完成します。専門家によって一つ一つのペン先は検品され、深い専門知識を持つ消費者の高い要求を満たすに十分かどうか、ペン先の柔軟性を1本1本試筆して確認されます。ロジウム装飾が全体に施されたペン先はシルバーの光沢に輝き、純銀製の天冠、首軸、尻軸と調和しています。

ダイヤモンド

キャップ上部にあるロゴのペリカンの巣にはダイヤモンドが埋め込まれています。

ダイヤモンドの品質は「4C」色、透明度、カットそしてカラットで決まります。ペリカンが選んだダイヤモンドはどの尺度もトップクラスです。色はトップ・ウェッセルトンで透明度はVSです。ブリリアント形のカットで特別な輝きを放ちます。大きなダイヤモンドは0.004カラットで二つの小さなダイヤモンドは0.003カラットです。スターリングシルバーの中で上品に輝くダイヤモンドは、この万年筆に控えめな優美さを演出しています。

スターリングシルバー

高純度のスターリングシルバー925がキャップの上部、首軸および尻軸に使われています。クラシックなデザインの製品が驚くほど現代的に仕上がっています。特殊な表面のコーティングによってシルバーの光沢を保ちます。

模様

リザード模様は綿を原料に作られた素材であるセルロース・アセテートで出来ています。当時はセルロイドが胴軸とキャップに使われていましたが可燃性が高い為、ペリカン社では代替品として非常に信頼性の高いこの素材を何十年もの間使用してきました。この素材を製品に仕上げるのに多くの製造工程を要します。出来上がった製品はそれぞれが独自の柄をもったユニークなものに仕上がります。

限定

この万年筆は創業年である1838年にちなんで、238本の限定生産です。限定番号はキャップの純銀製の部分に彫り込まれています。エーデルシュタイン・インクが入れられたギフトボックスにも同じ限定番号が記されています。

 

詳細

高級筆記具のニュースレターを購読する。

ペリカン製品の最新情報の配信をご希望されますか?

ペリカンニュースレターをご登録いただくと最新情報が配信されます。

メールアドレスはペリカンニュースレターの配信目的のみに使われ、いかなる第三者にも譲渡されません。