Kyokko & Gekko

Kyokko & Gekko - Set

  • Kyokko & Gekko - Set
     Kyokko & Gekko - Set
  • Kyokko 万年筆
     Kyokko 万年筆
  • Gekko 万年筆
     Gekko 万年筆

製品名

ペリカン螺鈿限定万年筆

Kyokko & Gekko

螺鈿細工は、夜光貝やアワビの真珠質の部分を砥石で磨き、一定の厚さに揃え、漆塗面に埋め込んだり、貼り付けたりする技法で、光の当たり具合によって、貝の部分が美しく光るのを利用した加飾法です。

Kyokko

「旭光」には日本海で捕れた鮑が使われています。鮑の大きさは非常に小さいので、螺鈿として使用できる部分には限りがあります。鮑の中でも最も彩かな部分が使われ、虹のような光沢を出しています。

鮑の真珠質の部分を砥石で薄くなるまで磨き、一定の厚さに揃えた後、細いストライプ状に切り揃え、キャップと胴軸に一枚一枚丁寧に貼り付けられます。さらにウレタン塗装が施され、乾燥後に表面が数回磨き上げられます。

その後に仕上げ磨きを行い、作者名と限定番号を蒔絵の技法で描き込み、金粉を蒔き乾燥後、拭き漆を行い乾燥させ、研磨を行い仕上げます。天冠のペリカンロゴは蒔絵で描かれ、その周りは同色の螺鈿で仕上げられています。

Gekko

「月光」はオーストラリア産のアワビを用い、そのブルーの光沢が美しい部分のみを帯状に切り取り、一枚一枚手作業で丁寧にキャップと胴軸に貼り付け、黒漆の塗り込みと研磨を数回繰り返し、さらにウレタン塗装を行った後に乾燥させた後、数回研磨を行います。 その後に仕上げ磨きを行い、作者名と限定番号を蒔絵の技法で描き込み、金粉を蒔き乾燥後、拭き漆を行い乾燥させ、研磨を行い仕上げます。天冠のペリカンロゴは蒔絵で描かれ、その周りは同色の螺鈿で仕上げられています。

「旭光」「月光」ともに伝統的な桐箱に収められています。「旭光」「月光」は2005年から2006年にかけて販売され、既に完売となっています。

 

詳細

高級筆記具のニュースレターを購読する。

ペリカン製品の最新情報の配信をご希望されますか?

ペリカンニュースレターをご登録いただくと最新情報が配信されます。

メールアドレスはペリカンニュースレターの配信目的のみに使われ、いかなる第三者にも譲渡されません。