The Statue of Zeus

  • The Statue of Zeus

製品名

限定品 - The Statue of Zeus

全知能の象徴

オリンピアのゼウス神殿が建設されてから 20 年後に、ゼウス像は完成しました。古代ギリシアの高名な彫刻家ペイディアスが、紀元前438 年から430 年にかけて、13 メートルあるこの巨大な座像を建造したとされています。ペイディアスにとって 後の作品となったこのゼウス像が、古代ギリシアの巨匠としての彼の名を、不動のものにしました。古代ギリシアの天空神、全知全能の神であるゼウス像は、何世紀にも渡り、オリンピアを訪れる多くの人々に、畏敬の念を抱かせるものでした。伝説によると、ゼウス像はコンスタンティノポリス(現イスタンブール)に移転され、475 年に焼失したと言われています。つまりこの芸術作品は、約905 年間存在し続けたことになります。その遺跡は、現在もなおオリンピアの神殿に残されています。

輝きに溢れる気品

世界の七不思議に数えられる建造物の圧倒的な印象は、その大きさのみならず、そこに惜しみなく使われている豪華な素材によるものです。神像の本体には、象牙が使われていました。足首まである衣、サンダルの底面、髪の毛は、金により丁寧に形づけられ、神像全体には、色鮮やかなガラスや宝石による装飾が施されていました。気品に満ちた素材の融合が、ペイディアスのゼウス像に、荘厳な輝きを与えていたと言います。世界七不思議のひとつに数えられる、この類まれなる建造物の価値を忠実に再現するため、限定品『ゼウス像』は、最高級の素材のみを使用し、高い精度の加工技術により、丁寧に仕上げられています。

伝統を受け継いだ 芸術的装飾技術

古代の荘厳な建造物にインスピレーションを受けた限定品『ゼウス像』は、細やかなディティールに至るまで、こだわりを持って仕上げられています。装飾には、気品に溢れる 18K ローズゴールドが使用されています。高度な加工技術により、925 スターリングシルバーの胴軸にはゼウスのモチーフが描かれ、また全ての装飾パーツに、18K ローズゴールドのコーティングを施し、さらにクリアコーティングで仕上げられています。

孤高の神像を称えて

ゼウス像に使われていた象牙を表現し、またローズゴールド色の装飾パーツを柔らかに反映するために、万年筆本体には、クリームホワイト色の高級樹脂を使用しています。ペリカンのくちばしを模ったクリップやリング等の装飾パーツ、また万年筆の心臓部である 18K のペン先には、ローズゴールドのコーティングが施されています。
限定品『ゼウス像』は、高級筆記具の極みといえる新たな美しさを完成させました。限定 300 本の製品『ゼウス像』は、全てドイツのクラフトマンシップによって丁寧に仕上げられています。最高の加工技術とこだわりにより、世界の七不思議を、独自の方法で表現した作品です。

 

詳細

高級筆記具のニュースレターを購読する。

ペリカン製品の最新情報の配信をご希望されますか?

ペリカンニュースレターをご登録いただくと最新情報が配信されます。

メールアドレスはペリカンニュースレターの配信目的のみに使われ、いかなる第三者にも譲渡されません。