Maki-e Maiko in Kyoto

truehttps://www.pelikan.com/pulse/Pulsar/ja_JP.FWI.displayShop.253483./maki-e-maiko-in-kyotohttps://www.pelikan.com/pulse/Pulsar/ja_JP.FWI.displayShop.253483./maki-e-maiko-in-kyotoja_JPMaki-e Maiko in KyototrueMaki-e Maiko in Kyotoexclusive-text-background
製品名
事実と数値

ペリカン蒔絵万年筆

蒔絵は漆器の表面に漆で絵柄を描き、その上に金粉、銀粉、プラチナ粉などを蒔きつけたもので、漆加飾法のなかでも最も芸術的で、その美しさは世界中に認められています。
ペリカンM1000に施された「舞妓」は、高蒔絵と研出蒔絵を同時に用いた「肉合研出蒔絵」の技法を駆使して描かれています。

加賀研出高蒔絵

Maiko in Kyoto

時の帝であった桓武天皇が794年にこの新しい都、京都で遷都の宣言をしたのが平安京の誕生でした。そこは華やかな王朝文化の舞台であり、また庶民たちもたくましく生活をしておりました。そして12世紀末になると日本の商業と工業の中心になっていました。その後も繁栄を続け、それから約700年後、明治天皇が東京へ移ったのちは近代都市として生まれ変わりました。現在の京都は人口150万人の日本で6番目の大都市です。

長い歴史を持つ京都には多くの寺社や歴史的建造物があり、日本で最も日本的な観光地として栄えております。

舞妓は年少の芸妓の見習いのことを指し、接客作法を学び、芸能など修行しています。

かつては9~12歳で舞妓になっていましたが、現在では中学卒業後でないとなることが出来ません。年齢が若く見習いであることから、衣装は肩上げ、袖上げのされた裾を引いた振袖の着物を着ています。ぽっくりの下駄にだらりの帯という派手な格好のせいで、現在では舞妓の方が芸妓より上方花街の代表的存在であるとされています。

ペリカン蒔絵万年筆「舞妓」は、京都の歴史ある五重塔を背景に、桜の花びらが散る中を石畳の上にたたずむ優美な舞妓の姿を描いております。古都、京都の象徴のひとつでもある舞妓をテーマとして、170年の伝統と技術を誇るドイツペリカン社のマイスターのクラフトマンシップと、日本が誇る伝統芸術「蒔絵」の最高峰の技術を結びつけた作品が「舞妓」です。

 

 

詳細

高級筆記具のニュースレターを購読する。

ペリカン製品の最新情報の配信をご希望されますか?

ペリカンニュースレターをご登録いただくと最新情報が配信されます。

メールアドレスはペリカンニュースレターの配信目的のみに使われ、いかなる第三者にも譲渡されません。