ユニークコレクション2014: 手鞠折り鶴

truehttps://www.pelikan.com/pulse/Pulsar/ja_JP.FWI.displayShop.253776./%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B32014-%E6%89%8B%E9%9E%A0%E6%8A%98%E3%82%8A%E9%B6%B4https://www.pelikan.com/pulse/Pulsar/ja_JP.FWI.displayShop.253776./%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B32014-%E6%89%8B%E9%9E%A0%E6%8A%98%E3%82%8A%E9%B6%B4ja_JPN° 10: 手鞠折り鶴trueユニークコレクション2014: 手鞠折り鶴exclusive-text-background

No 10: 手鞠折り鶴

日本古来の伝統的な手鞠の起源は、飛鳥時代に中国から渡来したといわれています。ひな祭りに手鞠を飾る習慣が残っている地域もあり、我が子の健康と長寿を願う親の愛情が伝わってきます。星形や三角形、直線などの組み合わせた模様は、魔除けを意味していると言われています。折り鶴は、日本の伝統的な文化である折紙の一つですが、今日では平和のシンボルと考えられ 多くの国々で平和を願って折られています。

研出蒔絵

研出蒔絵とは、漆を塗っては研ぎ出す作業を何層も繰り返し行って作品を仕上げる技法です。はじめに下絵をトレーシングペーパーで描いてから、万年筆の表面に色漆を重ねていきます。漆を何層にも塗りながら金粉や銀粉を蒔いて磨いて仕上げます。

高蒔絵

高蒔絵とは、炭粉や金粉を漆に混ぜて図柄を立体的に描く技法です。表面を触ると図柄が盛り上がっていることが感じられます。

詳細

漆芸家:Hakuu Masuda
ベースモデル:Souverän M 1000
ペン先:18 carat gold, size M, bi-color
技法:Togidashi-Taka-Maki-e

高級筆記具のニュースレターを購読する。

ペリカン製品の最新情報の配信をご希望されますか?

ペリカンニュースレターをご登録いただくと最新情報が配信されます。

メールアドレスはペリカンニュースレターの配信目的のみに使われ、いかなる第三者にも譲渡されません。